平成24年10月1日から「光洋整形外科・内科・リハビリ」の名称が変わりました。
         個人情報保護方針
トップページ
院長挨拶
医院紹介
リハビリテーション科
光洋通所リハビリテーション
光洋居宅支援事業所
アクセス
リハビリテーション科のご紹介
リハビリテーションは適切な時期に適切な方法で行なわれることが望ましいです。

病気や加齢により足腰の筋力や関節が動く範囲、体力などが衰えてきます。
また、意欲や思考・注意力の衰えや物忘れなどもするようになります。そして、自宅でこもりがち(居たきり・座りきり)となり、悪い生活習慣を生じることとなります。注意しなければいけないことは、「病気だから、年だから仕方ない」という思い込みです。放っておくと心身機能の低下や痛みの増強、転倒・骨折、嚥下障害(食べ・飲み込みの障害)、認知症などになる恐れがあり、自分の身の回りの日常生活に支障をきたし、在宅生活が困難となります。
 
そうならないために私たちリハビリテーションスタッフは、日常生活を安全・安心にいきいきと楽しく笑顔で生活できるように支援していきたいと思います。
当院のリハビリテーションサービス

病気やけが、老化などにより、身体機能低下(筋力・関節可動域・体力など)や精神機能低下(認知・思考など)、コミュニケーションや嚥下機能の低下などにより日常生活に問題のある方に対して、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が適切な訓練・運動・体操・日常生活指導・症状に適した住宅環境や福祉用具整備の提案と主体的活動など、症状や適応により医療や介護のリハビリテーションやご本人様・ご家族様との相談・指導、ご自宅での訪問指導などを提案・提供します。
 
 ※ 入院リハビリや外来リハビリでの医療サービス
 ※ 通所リハビリや訪問リハビリでの介護サービス
 ※ ご自宅に伺い基本動作や日常生活動作指導・介助方法指導、住宅環境や福祉用具の整備確認・提案のための訪問サービス
 

理学療法(PT)
 日常生活での基本動作(起きる・座る・立つ・歩く)や身体・精神機能などの改善をお手伝いします。

作業療法(OT)
 日常生活での応用動作(食べる・着替える・トイレ・家事など)や身体・精神機能などの改善をお手伝いします。

言語聴覚療法(ST)
 日常生活でのコミュニケーション方法や嚥下障害の症状に適した安全な食べ方の指導や食材の選択などのお手伝いをします。
 
リハビリ室
ウォーターベッド
SSP
SSP
プロテクノエグゼ
EMS
スーパーライザー
スーパーライザー
牽引(頚・腰)
アルファー(リラクゼーション)
パワーリハビリ
ホットパック
PTによるリハビリ
OTによるリハビリ
OTによるリハビリ
STによる訓練
STによる食事介助
訪問リハビリテーション
通院が困難な方に対して、ご自宅にお伺いしてリハビリテーションを行います。
訪問区域:苫小牧市内
パワーリハビリテーション
当院では、低負荷によるトレーニングを行い動作性の向上・維持を目的としたリハビリテーションに力を入れています。
※機器の画像をクリックすると詳しい説明が表示されます。
医療法人社団生き生き会 光洋いきいきクリニック 苫小牧市光洋町1丁目16番16号(苫小牧市立光洋中学校向い) TEL 0144-71-2700